BROOKLYN RIBBON FRIES

ジンジャーエールとポテトの専門店

French fry & gingerale specialty shop

ブルックリンのシェフKiyo Shinokiが考案したフライドポテト&ジンジャーエールに特化した店です。螺旋状にカットされたリボンフライは、北海道の大地で大切に育てられたメークインポテトを使用。サッパリした独特の食感と形状を持つ揚げたてのリボンフライは、素材自体の風味を極限までひき出しています。オリジナルのジンジャーエールは、リボンフライにベストマッチ。Kiyoが世界中のジンジャーエールを飲み歩き、独自のレシピでつくりあげたシロップは辛さと旨みを高次元にバランスさせています。生ショウガと数種類のスパイスをブレンドしています。

We are a shop specializing in French fries & ginger ale made by Brooklyn chef Kiyo Shinoki. Our ribbon fries are made from May Queen potatoes carefully grown in Hokkaido. The unique texture and shape of the ribbon fries bring out the flavor of the potatoes, and our original ginger ale is the perfect complement. After drinking ginger ale from all over the world, Chef Kiyo created his own ginger ale syrup recipe which balances spicy and savory flavors by blending raw ginger with several kinds of spices.

HP: http://brooklynribbonfries.com

NEWS   SHOPS   INFO   ABOUT

出店のきっかけ(経緯)は?
246 COMMON*1の立ち上げの際に出店者の募集を頼まれていて、色々なお店に声を掛けさせていただいたのですが、そうしているうちに自分たちがお店をやりたくなってしまって。もともと味噌汁とモヒートのお店を始めようとしてたんです。それでブルックリンに住んでいる今のオーナー、Kiyoに会って相談したんですが、「ダサいな、全然面白く無い」って一蹴されて。「実は、前からジンジャーエールとフライドポテトのお店をやろうと思ってた」と聞いて、じゃあそれをやろう!ということで始まりました。一ヶ月後には246 COMMONにオープンしました。

 

Why did you open BRF?

When the 246 COMMON*1 project began, some people and I were in charge of finding vendors. We talked to a variety of shops, and this made us also want to start our own shop. Back then, we wanted to start a miso soup and mojito shop so we met with our store’s owner in Brooklyn to discuss it. He told us, “That’s tacky and boring,” but continued, “I was thinking about starting a ginger ale and french fry shop.” So we thought, why not get started? And a month later, we opened our shop at 246 COMMON.

 

 

何故ジンジャーエールとフライドポテトなんですか?

ブルックリンって、リーマンショックでマンハッタンに住めなくなった人が移り住んでカルチャームーブメントが起こった場所なんです。ブルックリンのクラフツマンシップを日本で体現するフードベンダーをつくろうということで、そこのソウルフードであるジンジャーエールとフライドポテトの2つだけに特化したお店を始めることにしました。ジンジャーシロップに関して言うと、オーナーが世界中のジンジャーエールを2年間飲み歩いてつくったものです。何故シロップにこだわったかと言うと、お客さんにも自由につくっていただくのが理想だったから。もちろん僕らもレシピはお伝えするんですけど、逆にお客さんからレシピを教えてもらいたい。そういう探究心から生まれるコミュニケーションをムーブメントにしちゃいたかったんです。僕らはもともと飲食がやりたかった訳ではなくて、長い目で見た時に、クラフツマンシップに基づくものづくりで世界に出ていきたいという目標がありました。だからこの場所の次にできた駒沢の店は、シロップもつくれるファクトリー兼レストランにしたんです。

Why ginger ale and french fries?

Brooklyn is a place where many people who used to live in Manhattan began moving to after the collapse of Lehman Brothers. This is how Brooklyn developed. We wanted to make a shop in Japan that embodied Brooklyn’s craftsmanship, so we decided to specialize in Brooklyn’s soul food - ginger ale and french fries.

As for the ginger syrup, our owner made it after 2 years of trial and error. We put a lot of care into the syrup, since we wanted our customers to be able to make their own drinks with it. Of course, we give them our recipe, but we also want to hear about their original recipes as well. We wanted to create a movement based on the communication that is born from this curiosity. We weren’t purposely avoiding going into the food business, but our ultimate goal was the overseas expansion of our business based on craftsmanship. So, the next shop we opened in Komazawa  became a restaurant and factory that also makes syrup.

今後はどのようなメニューの展開を考えていますか?

普段はポテトを揚げているフライヤーを使った新メニューを。今後も色々考えていこうと思ってます。お楽しみに!

 

BRFさんと言えば、コミュニケーションが楽しい印象です。

今、ブルックリンのイメージってお洒落っていうのが大方の見方じゃないですか。正直、僕らBRFの中にお洒落な人っていないんですよ(笑)。ニューヨークのカルチャー最高!って言う人も別にいないんですけど、コミュニケーションが好きな人たちばかりで。僕らが得意なのはジャガイモとショウガだけですけど、3つ目の要素を挙げるとすれば「しゃべること」。

 

今後のCOMMUNE 2ndに期待することは?

ワクワク感。常に何かがやっているっていう状況をつくっていければ、もっと面白くなるんじゃないかな。それぞれお店についているファン層と、この場所へ遊びに来ている層が混ざっていくのを期待しています。人と人とを繋ぐ幸せのリボンフライ、食べに来てください。We Make You Happy!!!

What’s your upcoming plan for the food menu?

Usually, our new menu items are made using the fryer which we use for our french fries. We’re planning to think of many more new things in the future. It should be exciting!

 

We really enjoy communication at BRF.

Right now, I think Brooklyn is seen as trendy. But to be honest, the people on our team aren’t really trendy. We don’t have anyone who is crazy about New York culture either, but our team just loves communicating with people. While the main focus of BRF is potatoes and ginger, if you had to list three things, the third would probably be chatting.

 

What do you expect for COMMUNE 2nd?

“Wakuwaku” (excited) feeling. It would be very interesting if we could create an atmosphere where something is always happening. Also, we want the fans of each vendor and the people who come to COMMUNE 2nd for fun to mingle. Please try our ribbon fries, which bring people together. We Make You Happy!

 

*1 246 COMMON…2012年8月に現COMMUNE 2ndと同敷地内で始まったコミュニティスペース。当時はフードカートが中心。2014年5月にクローズ。
Food carts and farmer's market which started August 2012 and closed May 2014. And then its reopened as COMMUNE 246.

 

 

 

SHOPS

Copyright © COMMUNE 2nd All rights reserved.