SCHMATZ

シュニッツェルバーガーとソーセージ

Schnitzel Burgers and Sausages

SCHMATZ (シュマッツ) とは、ドイツ語で「幸せの音」を表す言葉です。おいしいものを食べたときにおもわず舌がなっちゃう音や、大切な家族のほっぺにキスをする音を意味しています。
ドイツ直輸入のジャーマンドラフトビールと、ドイツ名物シュニッツェルバーガーやマイスターが作るこだわりのソーセージ、カリーヴルストなど、本場のドイツをお楽しみください。

SCHMATZ is a “happy sound” in German. It can be the sound you involuntarily make when you eat something delicious, or the sound of a kiss on a beloved family member's cheek.
We hope you enjoy our imported German craft beer, speciality schnitzel burger, sausage, curry wurst and other authentic German foods.

NEWS   SHOPS   INFO   ABOUT

出店のきっかけ(経緯)は?

いまのリアルなドイツビールやドイツ料理を日本に持って来たいと思い、自分たちで店をはじめました。僕たち日本が大好きだし、ドイツ人と日本人ってなんか似てるんですよね。ビールや美味しい食べものが大好きで。あと職人肌で勤勉なところとか、おもてなしの精神も。はじめは246 COMMON*1に出店しました。場所が始まった時から一緒にこのコミュニティに参加させてもらったことで、快く受け入れてもらい、たくさんの友達ができたし、246 COMMONやCOMMUNE 246*2を通じて面白い人たちに出会え、ビジネスに繋がったし、東京を始め、世界中の人たちへと私たちのコンセプトを発信することもできました。

Why did you open SCHMATZ?

We started SCHMATZ because we wanted to bring modern German beer and food to Tokyo. We love Japan and see a strong connection between the Germans and the Japanese, who love beer and delicious food, appreciate craftsmanship, and work hard to create a fun guest experience. In the beginning, we had a shop at 246 COMMON *1. Being at 246 COMMON has allowed us to participate in the community that supported SCHMATZ from the beginning. We were welcomed with open arms and have made many friends. Through COMMUNE 246*2, we have had the good fortune of working with interesting people and serving guests from all over Tokyo and the world.

ドイツにもCOMMUNE 2ndのような場所はありますか?

MARKTHALLE NEUNと呼ばれる素晴らしいプロジェクトがクルツベルグの中心エリアにあります。こちらもCOMMUNE 2ndと同じように、ローカルフードをコンセプトにしているお店がずらりと並んでいたり、農家さんや職人さんもお店を出しているのですが、最も大きな違いは、COMMUNE 2ndがもう一歩先のコンセプトを持っていることや、都市における役割をどのように担っていくかに焦点を置きながら変化を探っているところだと思います。それと、COMMUNE 2ndは屋外だっていう違いもありますね。

Are there any places like COMMUNE in Germany? If yes, what is the difference?

There is a beautiful project called MARKTHALLE NEUN in the middle of the very cool Kreuzberg area. Similar to COMMUNE 2nd, it provides a space for an amazing array of local food concepts, farmers, and artisans. The big difference, however, is that COMMUNE 2nd takes the concept one step further and places focus on leading change by making a real impact in the city. (Also, it's indoors!)

COMMUNE 2ndには今後どうなっていってほしいですか?

COMMUNE 2ndというコミュニティが、時を経て形を変化しながらも成長し、SCHMATZもそれと共に歩んでいければと願っています。コミュニティ形成や、持続可能な社会的実験の場をCOMMUNE 2ndが今後どのように進め、舵を切っていくのか。これは地道なことだけれど、一方で注目しているところでもあります。このプロジェクトに参加できてとても誇りに思いますし、来年も楽しみにしています。持続可能であることや、ゴミを減らすということへの努力は、私たちの理念とも重なる部分でもあります。私たちの出発点であるCOMMUNE 2ndやFarmer’s Market @ UNUとこれからも良い関係でいることが出来たら嬉しいです。COMMUNE 2ndのようなプロジェクトが他の土地につくられることがあれば、そこへ一緒に出店していきたいですね。

What do you want COMMUNE to be in the future?

We hope that the COMMUNE  2nd community will thrive in various forms across time and that SCHMATZ can continue to be a part of this. It is humbling and exciting to see how COMMUNE 2nd  continues to push the boundaries further with regards to community building and sustainable business practices. We are so proud to be a part of this project and look forward to the coming years! Efforts towards increased sustainability and reducing waste are very close to our hearts. As we grow and open more restaurants, COMMUNE 2nd and the Aoyama Farmer’s Market@UNU will always be where we started and we will be forever thankful. If COMMUNE 2nd  projects expand all over Japan, SCHMATZ would love to be involved.

 

*1 246 COMMON…2012年8月に現COMMUNE 2ndと同敷地内で始まったコミュニティスペース。当時はフードカートが中心。2014年5月にクローズ。

A community space with food carts and a farmer's market which started in August 2012 and closed in May 2014. This reopened as COMMUNE 246.

 

*2 COMMUNE 246…2014年12月、246 COMMONシェア跡地へオフィスみどり荘2や学びの場自由大学も加わりスタート。2016年12月まで。その後、2017年1月に現COMMUNE 2ndとしてリオープン。

A community space which started in December 2014 on the site of the 246 COMMON. It had cafes and food carts, as well as a communal working space, MIDORI.so2, and Freedom-University, where new learning styles are proposed. This closed in December 2016 and became COMMUNE 2nd.

SHOPS

Copyright © COMMUNE 2nd All rights reserved.