TonPai Chicken

漬け込み唐揚げ専門店&パクチータイフード

Karaage specialty shop and Thai food using cilantro

『肉汁たっぷり漬け込み唐揚げ専門店』
フレッシュな野菜やフルーツ、パクチーを使ったオリジナルソースをかけてお召し上がりください。
定番のタイ屋台料理やタイカレー、生フルーツを使ったソルベカクテルもご用意してます♪

“Karaage speciality shop”
Enjoy our karaage with our original sauce made from fresh veggies, fruit, and cilantro.
We also serve basic Thai menu items, Thai curry, and sorbet cocktails made from fresh fruit.

NEWS   SHOPS   INFO   ABOUT

お店を始めたきっかけは?

会社員時代にタイカレーを作ることが趣味で、知人のホームパーティーなどでよく振舞っていました。やがて自分が作ったカレーやタイ料理を一般のお客さんに提供したいという思いが膨らみ、一念発起してお店を始めることに。タイへは10回ほど行きました。お気に入りの街は、北部の都市チェンマイ。織物や刺繍などの工芸が盛んでアート性が高く、さらに欧米の人々が多く移り住んでいるので、バーやカフェもタイと欧米のミックスされた独特の雰囲気が面白いですね。

Why did you start TonPai Chicken?

Even when I worked in an office, my hobby was making Thai curry, and I would make it at my friends’ parties. My passion for sharing Thai cuisine with the public became bigger and bigger, so I decided to start my own shop. I’ve been to Thailand about 10 times, and my favorite city is Chiang Mai. The fabric and embroidery business is active and it's famous for it’s artistry. Also, since many Westerners have moved to Chiang Mai, the bars and cafes feel like a unique fusion of Thailand and the West, which makes the city very interesting.

なぜCOMMUNE 2ndでお店を出したのですか?

以前は路面店を数店舗経営してましたが、なんとなく孤独感を感じていました。そのとき、その気持ちを補填していたのが、毎週末キッチンカーで出店していたFarmer’s Market @UNU。屋外でモノを売る経験も、お客さんとの距離の近さもすごく新鮮だったのを覚えています。そのFarmer’s Market@UNUを運営しているチームが、新たに常設のコミュニティスペースCOMMUNE 246*1をつくると聞いて「これは絶対に面白いことになる!」と思い、飛びつきました。

Why did you start a shop at COMMUNE 2nd?

I had owned several shops before, but I felt lonely running businesses in those places. To balance this, I ran a food truck every weekend at the Farmer’s Market @UNU. It was a refreshing experience to sell foods and drinks outside, and lessen the physical distance with customers. When I heard that the team that operates the Farmer’s Market@UNU was creating a new community space called COMMUNE 246*1, I couldn’t help but jump at the chance.

今回リニューアルした理由は?

現在、カレーのルーの卸販売を行なっているのですが、新しく唐揚とフライドチキンを食品会社と共同開発したのでラインナップに追加しました。唐揚ってジャンクな食べ物っていうイメージが付きがちなので、ヘルシーで胃もたれしない唐揚を提供したいと思い、揚げ物に特化した店にリニューアル。表参道って女性客が多いから、最初の販売場所としてはベストだと考えました。

 

これからCOMMUNE 2ndや新店舗がどういう場所になっていって欲しいですか?

COMMUNE 2ndは村のようなものだと思っています。大都会の一角にありながら、村のようなほのぼのとした助け合いの精神がある場所。都会の生活でひと息入れたい人には「潤い」を、旅行で来られた方には「非日常」を演出できる場所になることを願います。TonPai Chicken一番の自慢は、カレーでもフライドチキンでもなく、面白い個性を持ったスタッフたちです。実は、夢に向かう彼らの3分の1は、もとはお客さんなんです。何故TonPai Chickenのスタッフになったのか。ご注文の際には是非彼らに話しかけてみてくださいね。きっと面白い話が聞けるはずです。

 

Why did you reopen?

We currently sell our curry roux wholesale, but we also added Karaage and fried chicken to our menu in collaboration with a food company. Karaage has a junky image, but we wanted to make a healthy and light one. So, we renewed as a shop specializing in Agemono (fried foods). I think the best place to sell our food is here in Omotesando, because there are many female customers.

 

What do you want COMMUNE 2nd and new shops to be?

From my point of view, COMMUNE 2nd is like a village. While it is located in the heart of a big city, there is a village-like spirit of cooperation. It can be an oasis for those who want to take a break from city life, and can be a place to experience the unusual for tourists. Rather than the curry or fried chicken, my unique staff is what I’m most proud of at TonPai chicken. Actually, one third of them are originally my customers. Don’t hesitate to speak to them when you visit our shop. I’m sure you’ll find their stories interesting.

 

*1 246 COMMON…2012年8月に現COMMUNE 2ndと同敷地内で始まったコミュニティスペース。当時はフードカートが中心。2014年5月にクローズ。

A community space that was started on the same site as COMMUNE 2nd in August 2012. This space mainly focused on food carts and closed in May 2014.

SHOPS

Copyright © COMMUNE 2nd All rights reserved.